認定支援機関によるサポート

バリューパートナーズ税理士事務所は、「経営革新等支援機関に認定されている事務所」です。
経営革新等支援機関とは、法人税務、企業財務、資金繰りに係る金融や経営計画などに関する専門的知識や支援に係る実務経験が、一定レベル以上として、中小企業庁から認定を受けた専門家のことです。

「取引先を増やしたい/販売を拡大したい」
「金融機関と良好な関係を作りたい」
「新規事業展開を考えている/海外展開を考えている」
「事業計画を作りたい」
「経営のフォローアップをしてほしい」

というお悩みに対応いたします。

経営革新等支援機関の認定制度は、中小企業が専門性の高い経営相談を受けられる環境を整備するために創設された制度です。

 

経営革新等支援機関を活用するとこんなメリットがあります

経営革新等支援機関を活用した各種優遇制度をご紹介します。

商業ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金

主に製造業を対象とする新規事業等に伴う設備投資等に補助金を受けることができます。
※公募情報についてはお問い合わせください

【支援内容】
 ・補助上限額:1,000万円
 ・補助下限額:100万円
 ・補助率:3分の2以内(=最高投資額1,500万円まで)
 ・補助対象経費:原材料費、機械装置費、外注加工費、技術導入費、直接人件費、委託費、
  知的財産権等の費用、専門家にかかる費用、運搬費など

【支援要件】
 ・顧客ニーズにきめ細かく対応した競争力強化を行う事業であること
 ・認定支援機関に事業計画の実効性等が確認されていること
 ・「中小ものづくり高度化法」22分野の技術を活用した事業であること
 ・日本国内に本社及び開発拠点を有する中小企業者であること

経営改善支援

借入金や資金繰り等で苦しむ中小企業等、基本的な内容の経営改善の取り組みを必要とするところに対し、支援機関と共に立て直すことを目指すための費用を最高200万円まで、中小企業再生支援協議会の「経営改善支援センター」に負担してもらうことができます。

【支援内容】
 ・経営改善計画のためにかかる費用(投資費用など)や経営改善のために要した税理士費用など、
  総額の3分の2(最高200万円)まで負担

【支援要件】
 ・借入金の返済負担等の影響による財務上の問題を抱えていること
 ・自ら経営改善計画等を策定することが難しいこと
 ・経営改善案が受入れられて金融機関からの支援が見込める中小企業・小規模事業者であること

創業補助金(創業促進補助金)

女性や若者の地域での起業や後継者の新分野への挑戦を応援するための補助金制度であり、弁護士、弁理士などの専門家との顧問契約のための費用や広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費に対して補助を受けることができます。
※公募情報についてはお問い合わせください

【支援内容】
 ・地域需要創造型起業・創業:補助上限額200万円(補助率3分の2)
 ・第二創業:補助上限額1,000万円(補助率3分の2)
  ※補助額が100万円未満の場合は補助の対象外

【支援要件】
 ・認定支援機関と共にに取り組むこと(2016年度は要件から外れました)
 ・地域需要創造型起業・創業:地域の需要や雇用を支える事業を興す起業・創業を行うこと
 ・第二創業:先代から事業を引き継いだ場合などに、業態転換や新事業に進出を行う中小企業・
  小規模事業者であること

その他制度

>>経営力向上計画についてはコチラ

>>経営革新計画についてはコチラ

 

経営革新等支援機関に関する無料相談実施中!!

経営革新等支援機関を活用した各制度について詳細を知りたい方、あるいは会社の資金繰りやこれから会社設立をするための資金調達でお悩みの方は、一度経営革新等支援機関である当事務所にご相談ください。

無料相談も実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!


起業家のための無料相談受付中! 受付時間9:00〜18:00 0120-149-459 お気軽にお電話下さい 無料相談の詳細はコチラ

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

低金利時代の今、融資獲得の大チャンスです! 創業融資サポート
日本政策金融公庫で融資をお考えの方へ
毎月5社限定 会社設立手数料0円〜 専門家が税務から資金繰りまでサポート! 自分で設立するよりも安い費用で設立が可能! 私におまかせください!
決算・法人税申告を低価格でサポート!! 1ヶ月を切った決算書も大丈夫! 50,000円〜 通帳・領収書・請求書だけでOK
PAGE TOP