助成金サポート

 

「助成金」とは、返済不要のお金です。
一方「融資」とは返済が必要なお金です。
当然、金利も発生しますし、第三者保証や不動産等の担保を求められる
ケースも多いのです。
これは公的機関・民間機関を問いません。

「助成金」と「融資」は資金調達の手だてとして、ひとくくりに考えられ
がちですが、返済があるのかないのかという非常に大きな違いがあります。

助成金の種類

助成金には、大きく分けて「経済産業省」所管のものと、「厚生労働省」所管のものがあります。

1)「経済産業省」所管の助成金(補助金)

主に新技術や新製品の研究・開発、IT事業などの専門分野を対象としています。
そのため、かなり厳格な審査が待ち受けており、受給の難易度は高いといえます。

2)「厚生労働省」所管の助成金

事業主が納付する雇用保険料をその原資としているため、ほとんどの場合、起業後、雇用保険に加入することが申請の前提条件となります。
助成金にもよりますが、要件を満たしていれば、受給の難易度は中程度です。

つまり、起業時に狙いやすいのは、厚生労働省所管の助成金です。
会社設立後、従業員を雇う予定のある経営者の方は、こちらをよくご理解ください。

 

会社設立前から助成金獲得を視野に入れて準備していきましょう。
起業時は、助成金受給の最大のチャンスです。

厚生労働省
平成25年度
雇用関係助成金の
ご案内
より 抜粋

厚生労働省
平成25年度
雇用関係助成金の
ご案内
より 抜粋

厚生労働省
平成25年度
雇用関係助成金の
ご案内
より 抜粋

 

助成金を受給する上での大きなポイントが「タイミング」です。助成金受給はタイミングが命です

助成金の受給要件には、起業前に届け出が必要なものや、従業員を雇用する前に届け出が必要なものがあります。

このような「タイミング」を逃すと、本当はもらえる可能性のあった助成金ももらえなくなってしまうのです。

 

融資との違いがもうひとつあります

 

融資は、審査が通れば速やかに実行されます。

例えば日本政策金融公庫の場合、申し込み後約1カ月~1ヶ月半程度で受け取ることができます。

それに対して助成金は、起業当初にかかった設備投資や人件費の一部が、約半年~1年後に支給されます。

 

つまり、融資は、新たな設備投資または運転資金とするお金であり、助成金は、設備投資や人件費として支払ったお金の一部が、後から戻ってくるものとお考えください。

 

創業時の会社が狙える助成金について

上記の他、地域・時期・事業内容等により、起業前・起業したばかりの方が活用できる助成金制度もありますので、ぜひ無料相談へお越しください。

※助成金のご相談は社労士が対応します

 

助成金サポート料金

完全成功報酬型:着手金0円+成功報酬30%〜

起業家のための無料相談受付中! 受付時間9:00〜17:00 0120-149-459 お気軽にお電話下さい 無料相談の詳細はコチラ

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

毎月5社限定 会社設立手数料0円〜 専門家が税務から資金繰りまでサポート! 自分で設立するよりも安い費用で設立が可能! 私におまかせください!
決算・法人税申告を低価格でサポート!! 1ヶ月を切った決算書も大丈夫! 49,800円〜 通帳・領収書・請求書だけでOK
PAGE TOP